入塾に適した時期とは?

2019/10/01 ブログ
logo

 こんばんは、桶川・北上尾の進学塾レッツ指導学館教室長の説田です。

勉学に最適の10月になりましたが、まだまだ暑いですね。

 

 先週あたりから、お問い合わせや体験授業等のお申し込みがチラホラ入り始めました。例年9月下旬から中間試験前後にそういった傾向があるのですが、今年も同じ現象が起こっているようです。

実際、塾探しはもう少し前から(夏休み明け前後)情報収集をされているご様子で、その中からお子様に最適と思われる塾にご連絡という具合ですね。

 

 では、本当はいつ頃が入塾に最適の時期なのでしょうか。

 

答えは、ずばり1年生は中学入学前の3月、そして2年生は9月です。

そこが各学年のベストシーズンなのです。

まず、1年生は、小学生と比べ学習する内容が格段に難しくなります。それに対応できるよう、入学前に予習するために入塾することが、他の生徒に1歩も2歩も差をつけ、素晴らしいスタートダッシュができるのです。

2年生は、1年生から部活に取り組んでいるうちに、徐々に1年からコツコツを勉強しているお子様と差が付き、気が付くとかなりの差が生じています。

夏休み中に夏期講習等を受講して補強しているつもりでも、なかなかその差は縮まるものではありません。中間試験で自分の成績に愕然として、慌てて駆け込んでくるご家庭もあります。この2年生の9月というのは最適というよりは遅れを取り戻す、あるいは自分の元々の実力に戻る最後のチャンスかもしれません。

 よく3年生の部活引退後に入塾した生徒が、それなりに成績アップして受験に臨んだ後に「もっと早く入塾していたら、もう少し成績が伸びていたかもしれない。」と、悔やんでいるのを耳にします。

正直、3年生からでは、モッタイナイ。

自分の実力アップを目指すのなら2年生、、、この時期です!‼‼‼