もう、新しいことはやらない

2020/02/21 ブログ
logo

 こんにちは、

レッツ指導学館教室長の説田です。

レッツ指導学館では新年度生を募集中です。

ロングキャンペーンとして、

浦和高校・大宮高校・浦和一女に合格した生徒の皆さんに、中学3年次の通常授業の半額を「合格お祝い金」としてプレゼントします。

どうぞ、レッツでどんどん成績をアップして、目標を達成しましょう!

 

 さて、公立高校まで残すところちょうど1週間です。

ここからはもう、焦るようなことをしてはいけません。難問を解いたり、新しい問題集を開いたり。

でも、もっとやってはいけないことは、漢字に関する問題です。4文字熟語や書き取りはまさに愚の骨頂です。漢字の組み合わせやことわざはごまんとあります。砂の中の宝石を見つけるような確率の低いことに時間を費やすべきではありません。

 ではこれからやることは

1、もう、今までに随分基本問題や錬成問題、過去問を解いてきたはずです。ここからは今までやってきたことの再確認(いわば記憶の整理―――つまり頭の中での整理整頓)です。

テキストや問題集、ノートはなるべく見ずに、教科書やテキストの目次を見ながら、その単元の内容を頭の中で思い出し、イメージ化することです。それが、本番の試験で鮮やかに蘇るのです。

 

2、 レッツのある先生が理社国教室の時間に「ケアレスミスもたびたび起こせば、それが実力」と、よく言葉にしますが、私もまったく同意見です。

これからの1週間、1の記憶の整理とともにケアレスミスをなくす、これが二番です。とにかくケアレスミスをなくすことに意識を集中しましょう。

レッツの過去の入学試験で自己最高得点が多いのも、すべてケアレスミス撲滅に集中した結果です。

試験には出題により幸不幸はつきものですが、

ケアレスミスだけは自己責任です。

自分にできることはすべてやりつくして試験に臨みましょう。