自習に来た姉妹を見て

2020/05/19 ブログ
logo

 こんにちは、レッツ指導学館教室長の説田です。

 

 つい先ほどまで、外は雨でした。

にも拘らず、3時前から中1と小5の姉妹の生徒が

自習に来ました。

週に3日ほど自習に来るのですが、二人とも学校の

課題と塾の宿題を一生懸命に解いています。

 二人とも寡黙で、勉強中はお互いにほとんど会話

らしい会話もせず、黙々と問題に取り組んでいます。

 時々、私のほうから問題をチェックして、わざと

こちらから質問すると、それなりにきちんと解答の

筋道を説明してくれます。 お姉ちゃんにも、妹に

も、問題についての途中式を書くように指導してい

ますので、このところどんどん計算の精度が上がって

きており、本人達もまんざらでもない様子です。

 でも、その途中式って意外に重要で、同じ学年の

生徒がいるんですが、その子は私が途中式を書くよう

に指導しても忘れがちで、特に簡単な問題ほど直接

答えを書く癖があるのですが、そういう時に限って

単純な計算ミスや符号のつけ間違いを犯してしまし

まうのです。

 つい昨日も、その子は同じ間違いを繰り返し、私に

強く指導され、少し凹んでいましたが、教育すべき時

は、多少厳しくとも教え込むことも大切です。

ましてや、基本的な公式・法則の理解に関しては、

とても重要なことだと思います。

 

 小学1年生や中学1年生のような、全く新しい科目を

習い始めるときに、基本として覚えなくてはならない

ものについては、多少時間がかかったり、厳しく感じ

たとしても教える立場の人間は、それなりの覚悟を

もって指導する必要があると思います。

 

 最近、辞書の使い方がわからなかったり、英語の

発音記号が分からなかったり、アルファベットの

大文字小文字やその配置がわからない生徒が多々いま

すが、初めにしっかり覚えておけば後で苦労はせずに

済むことです。

 

 問題の解き方を教えることも指導ですが、勉強に入

る前の勉強法や手段を教えることも塾の使命だと思い、

嫌われることも厭わず、口やかましく指導しております。

 

レッツ指導学館では、

5,6月生の新規生の募集をしております。

 

体験授業や詳しい内容等につきましては、

下記の バ ナ ー からお問い合わせください。

 

完全1:1の独占指導が君を待っています。